Line

アメリカ車を選ぶなら



アメ車(アメリカ製の車)は結構人気があります。アメ車にどんなイメージがありますか?アメ車といえばキャデラックやシボレー、クライスラー、ハマーといった車がすぐ思いつきます。

アメ車って実はベンツやBMW等のドイツ車に比べると、お手ごろな価格で手に入るものが多いということをご存知ですか?もちろん車種にもよりますが。

ところで中古車を選ぶ際にアメ車を敬遠する人も少なくないです。その理由はアメ車には「壊れやすい」というイメージもありますからね。でも、実際どうなのでしょうか?

ちなみに「エンジン」や「ボディ」の耐久性は日本車に比べると優れていると言われています。ところが中古車を輸入する際に、メーターの巻き戻しが行われている場合があるようです。メーターの巻きも戻しはもちろん不正です。

ひどい場合は10万キロ以上の巻き戻しがあったりするそうです。怖いですね。そんなことが行われているようだと見た目の走行距離(=メーター)の割に壊れやすいということになりますね。アメ車の性能とは程遠いところで「壊れやすい」というイメージがついてしまっているということでしょうか。

ということは、不正を行わないちゃんとしたお店を選べば、中古でも状態がよく長持ちするアメリカ車を手に入れることが可能ですね。

中には輸入車にPL保険をかけている場合があります。この場合、車の故障によって被害を受けた場合、「製品の欠陥」と「その欠陥と損害の因果関係」が証明されれば損害賠償を受けることができます。アメ車を中古車から選ぶ場合は、このPL保険をかけている販売店を選んで購入するともっと安心できると思います。

アメリカ車選びでもう一つ注意したいことは「車体のさび」です。アメリカ車の輸入は船で運ばれてくることが多いです。そのせいか、車体がさびている場合があります。

アメリカ車は国産車(日本車)に比べると、整備されていない道を走る場合も多いので、車体の下の方に傷が多い場合があります。気をつけたいところです。購入前は車体の下も覗き込んでみましょう。


Line

気になる記事ピックアップ

悪徳業者に注意!
中古車選びで最も怖いのが悪徳販売業者に騙されることです。よく耳にするのにメーターの改ざんがあります。以前はメーターを巻き戻している販売店がかなりた.....

突然のエンスト
突然のエンストは慌てます。原因もいろいろ、まず疑うのはガス欠でしょう。つづいて、バッテリー系の故障。発電パーツの故障で、エンジンが止まってしまうこともあります。あと、10万キロ近い車の場合、タイミングベルトが切れたということも考えられます。いずれにしても、冷静に車を退避して、ロードサービスを呼ぶのが早いでしょうね。

ローンが残った車を売りたい
ローンが残っている車を売りたいケースも結構有ります。 家族が増えて大きな車が欲しくなったとか、引越しで車が不要になったとか、駐車スペースの関係で小.....

自動車のスピード
自動車に備わっている最高速度は、道路交通法による法定速度をはるかに超える性能が当たり前です。もともとスピードが出ない車であれば、違反のしようもないと思うのですが。でもいまさら製造過程から、スピードが制限されると自動車の魅力もかなり低下するような気がしますね。

認定中古車いろいろ
「認定中古車」はブランド別にそれぞれ厳しい基準を設けて認定を行っています。自動車のブランドによって基準の内容には差がありますので、自分が欲し.....


輸入中古車の場合

Copyright © 2007-2013 車の便利情報 オート・自動車買取査定・中古車・バイクなど. All rights reserved